高価買取してもらえるポイント

車を少しでも高く査定してもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

業者は買い取った車を更に売りに出します。

ですから、買取をする車を見るときに「人に売れるような商品価値があるかどうか」というところがポイントになります。

すこしでも高く買い取ってもらうためにしておいたほうが良いことを以下に挙げていきます。


きちんと掃除しておこう

ある程度、車種などによる相場価格は決まっているとはいえ、人が買取価格を決める以上、印象を良くしておくことはとても大切です。
外装の洗車、内部の掃除、トランクの整理はきちんとしておきましょう。
内部は特にシートの下やすきまなど、細かいところまで忘れないように丁寧にしておきたいものです。
また、意外と気づかないことですが、車内の臭いもできるだけ消臭しておいたほうが良いでしょう。
喫煙者は普段吸っている分、煙草の臭いに鈍感になっている傾向がありますが、できるだけ、気をつけて臭いを消しておくようにしましょう。

「きれいに使っていた」という印象を与えることができれば、買取価格にもプラスの影響を与えることができます。


キズやヘコミは修理すべき?

車体に小さなキズやヘコミがついてしまっている場合も多いですが、修理に出すのは高くついてしまうのでおすすめしません。
市販の商品で自分で磨けば消える程度のものは取っておいたほうが印象は良いでしょう。


オプションはプラス?

中古車買取業者では、オプションもプラス査定される場合がありますから、動作確認などをして、業者にアピールしましょう。
ディーラーの下取りは、メーカー純正でないと評価されない傾向がありますが、中古車買取業者では、メーカー外のオプションもプラス査定される傾向があります。


点検記録簿、取り扱い説明書を揃えておく

記録簿、取り扱い説明書、保証書などその車に関する書類を揃えておきましょう。全てがきちんとそろっていないと次の購入者が安心して買えなくなってしまいます。
事前に、点検記録簿、取り扱い説明書、保証書があるかきちんと確認しておきます。


担当者にアピールしよう

自分の車に関してアピールできる点は、担当者に時分からアピールしていきましょう。
「禁煙車」である、「どのように大切に使ってきたか」「どのような手入れをしてきたか」などさりげなくアピールすることで印象アップする場合があります。