中古車を売却するときの流れ

愛車を売却しようと思った場合の、大体の流れを把握しておきましょう。


1.まずは無料査定

まずは、無料査定を依頼するなどして、情報を集め、どの買取業者に依頼するか決めます。

車を高く売れるかどうかは、業者選びにかかっているといっても過言ではありません。

車を売る業者を決める場合は、なるべく複数の業者に査定を依頼して、比較することをおすすめします。

そうすることで自分の車の相場価格やそれぞれの業者の特徴・条件などができるからです。

また、あとで店舗に実際出向く場合でも、まず複数の業者で無料査定を受けておけば、有利に交渉を進めることが可能です。

無料査定は、インターネットや電話からなどのオンラインで行えます。また、出張無料査定や店舗まで出向いて無料査定を受ける方法もあります。

忙しい方にはネット上からのオンライン無料査定がおすすめです。

一括無料査定サイトを利用すれば、複数の業者に一括で査定を依頼することができるので業者を探す手間が省けます。

→ 無料一括査定サイト一覧

→ 買取業者比較

2. 売却の依頼と手続き


売却する業者が決まったら、売却を依頼することになります。


各業者によって手続き方法は異なりますが、一般的に必要書類と印鑑などを用意して、業者との間で売却の手続きをします。

売却代金は通常手続きが完了した数日後に振り込まれます。

※手続きの流れは、各業者によって違いますので業者に確認しましょう。


以上が売却手続きの主な流れです。

◆売却時に必要な書類の例を挙げておきます。

・車検証
・印鑑証明書
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・譲渡証明書(店舗で作成)
・委任状(店舗で作成)
・リサイクル券 

必要なもの
・実印

この他にも個々のケースや車種などによっては必要書類は変わってきます。
売却前に必ず各業者に確認しておきましょう。